弁護士紹介LAWYER

分かりやすいご説明とご報告

法律用語は大変分かりにくいかと思います。そこで、私は、お客様にご納得いただけるように、分かりやすい言葉で丁寧に説明をするよう努めています。もし、分かりにくい場合は、ご遠慮なくその都度、ご納得いただけるまでご質問ください。

受任後も裁判などの公式情報だけでなく、交渉の進捗状況を逐次ご報告します。相手方とのメールあるいはファックスでのやり取り、電話で話し合った内容などはその都度ご報告いたします。また、受任後に生じた疑問や不安に思われることなど、どんな些細な事でも構いませんので、メールあるいは電話でご遠慮なくご質問ください。もちろん、直接のご説明も行わせていただきます。

どのようなトラブルであってもその解決のお手伝いができるものと自負しております。

私は、元検事の弁護士でいわゆる「ヤメ検」です。2014年の4月2日に弁護士登録をするまで、26年間検事として働いてきました。検事を辞め、弁護士として働く決意をした最大の理由は「現場で働きたい」という想いからです。

現場の検事の仕事は、まず被害に遭われた方々の想いを受け止め、事実を解明するために警察とともに証拠を集めるところから始まります。犯人を捕まえた後は、反省を促した上で、どのようにして罪を償うのか、さらには更生するためには、何をなすべきかを考えるよう促すというものです。これは大変やりがいのある仕事でした。しかし、検事はいつまでも「現場」にいることはできません。

そこで、私は、新たな「現場」として弁護士となることを決めたのです。検事と弁護士は、一見すると正反対のように見えるかもしれませんが、仕事の基本は全く変わりません。弁護士は、様々な原因で困っている人の話を聞き、どのようにしたらそのトラブルを解決できるかを考え、そのための証拠を集め、相手方と交渉し、場合によっては裁判を起こしてでも相談者の利益を守るというものです。検事の仕事が刑事事件だけだったことに比べて仕事の範囲が広がるという点、警察などの組織の力を使うことができないという点などに違いはありますが、基本には何ら変わりがありません。

弁護士となって3年以上となり、民事・家事事件について様々なトラブル解決のお手伝いをさせていただきました。兄弟間の遺産分割、不動産賃貸借契約解除、売買代金支払い、交通事故慰謝料、離婚、親権、面会交流、財産分与など挙げればきりがないほどです。刑事事件についても政治資金規正法違反事件、覚せい剤事件、ストーカー事件など多種多様な事件に弁護人としてかかわる半面、被害者の代理人として被害者参加事件にもかかわることができました。こうした貴重な経験を積ませていただき、さらにパワーアップさせていただきましたので、どのようなトラブルであってもその解決のお手伝いができるものと自負しております。

この間、ご依頼者様からは、「元検事というから怖い人かと思ったけど話しやすかった。気持ちをわかってもらえてうれしかった。」などのお言葉をいただきました。今後も、私は、ご依頼者様のお話をじっくりとお聞きし、その想いを踏まえた上で最善の解決方法を探していきたいと思っています。交渉や裁判など闘い方はたくさんあり、どの方法にもメリットとデメリットがあります。ご依頼者様にはすべてをきちんと説明させていただき、どんなに難しい問題であっても、ともに解決の糸口を探し、最善の解決法をご提案します。

弁護士 遠藤 浩一第一東京弁護士会

ph
1980.03
名古屋大学法学部政治学科卒
1985.10
司法試験合格
1988.09
司法修習終了(40期)
1988.04
検察官任官
【勤務経験地】
東京、釧路、名古屋、岐阜、横浜、帯広、旭川、仙台
【管理職経験】
釧路地検帯広支部長、旭川地検次席検事、仙台地検総務部長
【刑事司法外職務経験】
2005年~2008年
法務省法務総合研究所研修第1部教官
2011年~2014年
専修大学法科大学院客員教授、明治学院大学法科大学院講師(いずれも法務省からの派遣)
2014.04
検察官退官
弁護士登録し、菅野朋子弁護士とともに渋谷リヒト法律事務所を開設
専修大学法学部非常勤講師(現職)
2015.04
専修大学法科大学院客員教授(現職)
2017.10
今村記念法律事務所に参加加入

所属団体・役職

  • 専修大学法科大学院客員教授(2011~)
  • 専修大学法学部講師(2014~)
  • 第一東京弁護士会消費者委員会委員