刑事事件コラム(刑事弁護)

起訴猶予とは|分かりやすく説明

刑事事件コラム(刑事弁護)

【起訴猶予とは】

起訴猶予とは、不起訴処分にする理由の一つです。

『不起訴処分』とは、「正式な裁判を行わないとする」という処分のことです。

テレビ報道などで、「起訴猶予となりました。」と耳にすることがあると思いますが、これは、正確にいうと、「起訴猶予という理由で不起訴処分になりました。」という意味です。

『不起訴処分』になると、身柄事件(逮捕されている場合)では釈放されます。

在宅事件(逮捕されていない場合)は、以後、警察や検察に呼ばれることはなくなります。

 

【起訴猶予は前科とはならない】

不起訴処分になった訳ですから「前科」とはなりません。

しかし「前歴」になります。警察や検察庁では、こうした場合を「前歴」として記録します。これは法的な意味のあるものではありませんし、決して公表されません。

 

【起訴猶予という理由での不起訴=無罪とえるのか?】

『無罪』と言えるのは「正式な裁判をした結果、裁判所が無罪の判決を出した」という場合のみです。

『不起訴処分』とは、「正式な裁判をしないとする」という処分ですので、無罪ではありません。

ちなみに『起訴』とは、「正式な裁判を行うよう請求する」という意味です。

 

では、「起訴猶予」という理由の他に、どんな理由で不起訴処分になるのかというと、次の理由があります。

「嫌疑不十分」「嫌疑なし」「告訴の欠如」「時効完成」です。

それぞれの理由について具体的に説明します。

  • 『起訴猶予』という理由

起訴するに足る証拠はあるけれど、被害者が許している、被疑者本人が反省している、被疑者を監督することを誓っている人がいるなどの理由から、あえて起訴しない方がその人の更生に役立つと、検察官が判断した場合に不起訴とするというものです。

 

  • 『嫌疑不十分』という理由

起訴するには証拠が足りないという場合です。警察が捜査を尽くし、検察官が送検された事件の記録を検討した上で、加害者の取調や被害者や参考人の事情聴取、警察による補充捜査を行い、それらを果すべて検討した結果、起訴して有罪を得るだけの証拠がないと判断した場合の処分です。つまり、「嫌疑不十分」は、もっぱら捜査側の問題です。

 

  • 『嫌疑なし』という理由

犯人として送検されたがそもそも犯人ではないことが判明した場合です。

 

  • 『告訴の欠如』という理由

親告罪(名誉棄損など)で告訴が取り消された場合です。

 

  • 『時効完成』という理由

時効が成立した場合のことです。